2006年09月25日

発音・アクセント問題

センター英語の発音・アクセント問題。

この範囲はほとんど“勘”に頼っていると言う人が多いのではないだろうか?

受験生の大部分が発音・アクセントなんていちいち覚える気になれないでいる。

しかし、言語において発音・アクセントが重要なのは疑いのない事実だ。

発音・アクセントが悪いと言葉は通じない。

もし受験だけでなく、使える英語を受験勉強をしながら身につけたい、

と思ってるなら、しっかり発音を勉強するべきだ。


実際に会話に使えなくてもいい、受験勉強だけ乗り切れれば

という人も、実はしっかり発音を勉強したほうがいい。

その理由をまとめると以下のようになる。

1.発音でスペルを覚えることができる。

2.発音できる音は聞き分けることができる→リスニングができる

3.発音ができると音読がしやすくなる。(英語の音読については別にまとめます)


これらについては、以前からよく言われていることだが

実際に実行していない生徒があまりにも多い。

特に1については何となく気がついていても、発音記号が読めないために実行できていない。

しかし、最近受験英語の参考書ではないが英会話向けの参考書でこの手の本が非常に増えてきている。

これらはほとんどCD付きで、解説も解り易し学習しやすいのではないだろうか。

次にあげる参考書には実際に私も発音を勉強するために購入したものもあります。


英語のリスニングは発音力で決まる!―UDA式30音練習帳・・・練習スケジュールを立て、実際に本に書き込んで勉強するので勉強を続けやすい。他にもチェックテストなどもあり、勉強しやすい。解説は少し解りにくい所もあるけど、一番オススメ。

大きい画像を見る
英語のリスニングは発音力で決まる!―UDA式30音練習帳
鵜田 豊
単行本
ジャパン タイムズ
おすすめ度:
外国人に誉められます!!
丁寧で目で見てわかりやすい発音指導
表現が分からない

詳しい詳細はこちら


英語耳・・・オーソドックスな発音解説書。解説もまあまあ。

大きい画像を見る
英語耳 発音ができるとリスニングができる
松澤 喜好
単行本
アスキー
おすすめ度:
後は練習あるのみ!?
発音関係の勉強が初めてなら
記述に誤りが多い

詳しい詳細はこちら


オバケの英語・・・解説が非常にわかりやすい。楽しみながら読みたい人にオススメ。

大きい画像を見る
オバケの英語
明川 哲也
単行本
宝島社
おすすめ度:
おもしろい&絶対ためになる
良書
目から鱗、ひざポンなんだけど・・・

詳しい詳細はこちら


英語脳DVD BOOK・・・DVD付きでこの値段はなかなかない。発音は口の形なども重要なので、映像があると非常に勉強しやすい。

大きい画像を見る
英語脳DVD BOOK
遠藤 尚雄
単行本
主婦の友インフォス情報社
おすすめ度:
具体的で分かり易い発音教本
映像が・・・
英語の発音の徹底理解ができる

詳しい詳細はこちら



他にも発音の参考書はたくさんあるのですが、これらは値段もお手ごろで解説もわかりやすいのでおすすめです。




posted by マッキー at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | センター英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。